お問い合わせ電話番号:011-388-1220
水・土曜日はお昼12時まで診療。日・祝祭日は休診。 電話でお問い合わせ メニュー

文字サイズ変更

  • 文字サイズ(小)
  • 文字サイズ(中)
  • 文字サイズ(大)

糖尿病網膜症

網膜血管が、古びたゴムホースのようにぼろぼろになり、やがて硝子体出血、けん引性網膜剥離、血管新生緑内障を引き起こし失明する網膜血管病です。我が国の失明原因の第2位です。

症状

網膜血管が、古びたゴムホースのようにぼろぼろになり、やがては大出血や網膜剥離を起こし失明する病気です。初期は網膜毛細血管の膨瘤(毛細血管瘤)や血液漏れ(血管の破綻)、血管閉塞により網膜出血や浮腫をおこしますが、やがて大きな網膜血管にも破綻・閉塞が起こり、網膜新生血管の出現を境に失明の危険が急激に高まります。自覚的には黄斑部の出血や浮腫により視力低下や霞がかかったように見えたりしますが、網膜症が進行しても自覚症状が無いこともまれではありません。

糖尿病増殖性網膜症
糖尿病増殖性網膜症

右眼の眼底は小さな白斑がある以外に出血などはほとんど見られず、一見穏やかであるが、蛍光眼底検査を行うと、毛細血管の閉塞と新生血管がみられる。

原因

膵臓から分泌されるインスリン(ホルモンの一種)の不足または機能不全による糖尿病が原因です。糖尿病は、先天性のものや手術や全身病による2次的な原因もありますが、過食や運動不足など生活習慣病からくるものが大部分を占めます。インスリンが十分に機能せず高血糖の状態が続くと、全身の血管と同様に網膜の血管にもさまざまな血管障害が現れてきます。

予防

糖尿病にならないよう日頃から生活習慣に気をつけ、適度の運動や食事に注意を払います。糖尿病と診断されたら糖尿病網膜症の有無に関わらず定期的な眼科検診が望まれます。


治療

内科的治療が治療の基本ですが、黄斑部に浮腫や出血が強く視力低下が起こったもの、網膜の虚血性変化が強いもの、網膜新生血管が出現したものにはレーザー光凝固を行います。網膜の中心にある黄斑部に浮腫が生じたら抗VEGF剤を硝子体に注入します。硝子体出血や増殖性網膜症に対しては硝子体手術が必要となります。適切な治療を行わなければ、網膜症が悪化して最終的には牽引性網膜剥離、視神経萎縮、新生血管緑内障など難治性の合併症が起こり失明に至ります。